外  題 木瓜切り裂く 小豆坂の旋風
解  説 天文17年(1548年)3月、織田信秀は岡崎城攻略をめざし、四千余の兵を率いて安祥城から矢作川を渡河、上和田に着陣した。今川義元も松平氏救援のため一万の兵を出陣させ、小豆坂で合戦となった。この戦いでは、織田方の奮戦によって今川方の敗色が濃くなりつつあったが、今川方の岡部元信が攻勢に転じ、織田勢は総崩れとなった。
見 返 し ETC付ければ 郷社参りも千円で
委 員 長 近谷 剛
囃  子 鉄道社宅囃子方
一  言 木瓜(もっこう)と読みます。
メインの2体より、織田信康の方が注目を浴びていました。




   
◆写真集 鉄道社宅へ戻る◆
◆トップへ戻る◆



inserted by FC2 system