外  題 二万戦く奇襲元就の謀略
解  説 弘治元年(一五五五)主家大内氏を乗っ取り、当主・義隆を自害に追い込んだ陶晴賢(すえはるかた)を、元就一流の謀略によって安芸国厳島におびき寄せ、わずか三千の軍勢で陶軍二万五千をうち破った奇襲戦。総大将・晴賢の自刃を機に毛利家は西国の大大名としての地位を確固たるものとしていった。
見 返 し 地が震え湧き出た醜聞全国版
委 員 長 江畑政彦
囃  子 港ばやし 港和会
一  言 この年は、碇を振り回してるというイメージを作りたかったのですが、碇の色が黒木綿の色と同化してしまい、ほとんど見えなくなってしまいました・・・。次の年の統前町でリベンジ!!




   
◆写真集 鉄道社宅へ戻る◆
◆トップへ戻る◆



inserted by FC2 system