外  題 義経躱す飛燕八艘壇の浦
解  説 寿永四年、源義経は壇の浦に兵船七百余艘で平家の兵船を攻め立てた。平家の勇将能登守教経は大長刀を風車のように振り回し、義経を討ちとらんと詰め寄ったが、義経は身を跳らして次々と兵船を飛移り流石の能登守は海中に身を投じた。
見 返 し 大穴(ダイアナ)王位ねらいの億馬券
委 員 長 大友 実
囃  子 港ばやし 港和会
一  言 平成7年は雨の祭りになりましたが、この年は非常に晴れました。
平成13年までずっと晴れが続くことになります。
この3艘船の構図は平成16年でも見ることができます。




   
◆写真集 鉄道社宅へ戻る◆
◆トップへ戻る◆



inserted by FC2 system